BlogPaint
 3月12日(土曜日)に九州新幹線が開通しました。大学時代の友人が「さくら」の指定席が取れたので、土曜日の夜に博多駅で久しぶりに会って、食事でもする予定でしたが、東日本大震災の影響で友人がチケットをキャンセルしたので、会えなくなりました。

 電子メールで友人達と確認をとったところ、自分の友人達はみんな無事だった事がわかりましたが、ネットで大地震の津波の画像を見ると、政治家や自衛官の人達が早く救出して欲しいと思います。自分は地震研究家でもないので、何も出来ないのが本当に悔しいです。

 この大地震で被害に遭われた方のためにも、博多駅に行くための交通費を募金しました。自分に出来ることは、できるだけ消費をして経済を活発にして、税収を増やして、それを被災者の復興にあてられるように努力する事と少ない貯金の中から募金をする事ぐらいしかありませんが、政治家の方と自衛官や警察官や消防士の方の努力により、行方不明者を1人でも多く助けて、一日も早く復興をする様に祈っています。

 友達に会う時間つぶしに、喫茶店で携帯電話で、いろいろなサイトを見ていました。就職活動で頑張っている学生の体験談がブログに掲載されていました。自分の就職活動は4月ごろから始めたので、最近の学生は熱心だなあ、と感心しました。自分の場合は、まだ漫画家をやっていて、忙しくて資格などが自動車免許しか持っていなかったので、就職活動が上手くいかなかくて、とりあえず英語通訳のアルバイトや漫画家の仕事をしながら、国内旅行案内業の資格や観光通訳業の資格などを取れる様に、頑張っていました。

 英語通訳といっても、時給900円のアルバイトで、フリーターの様なものですし、漫画家の仕事は、時々、商業雑誌に読みきりで、1本10万円くらいで4コマやストーリー漫画を掲載してもらったり、自分で作ったホームページに4コマ漫画を掲載して、その横に貼り付けている企業広告で、お金をもらったりしていました。そういえば、北九州博覧祭に、自分も英語通訳として、時給950円で働いていました。社会人になると、資格を取る時間が少なくて、本当に苦労するので、学生の方は資格などを社会人になる前に取った方がいいですよ。

            【Amazon Bookmarket Live Link】

こころ (集英社文庫)こころ (集英社文庫)
著者:夏目 漱石
販売元:集英社
(1991-02-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

 夏目漱石の代表作であり、中国でも人気がある作品です。明治時代に書かれた作品なので、文章の言い回しが少し難しいところもありますが、内容はすごく良いので、興味がある人はぜひ読んでみてくださいね。